電子タバコの使用時に気を付ける事

数年前から日本でも電子タバコが販売されています。最近では、喫煙者よりも非喫煙者への受動喫煙が問題となっています。禁煙や分煙が進む中で、タバコを吸う人にも吸わない人にも電子タバコが支持されています。その理由は、煙やにおいが少ないだけでなく、健康への影響も少ない点が上げられます。通常のタバコとは違い、熱で水蒸気を発生させる仕組みとなっています。そのため、従来のタバコに含まれるような有害な物質の発生が少ないといわれています。発売された当初は、実際にタバコよりも健康被害が少ないのは本当なのか議論されていましたが、開発が進み最近販売されているものは医学的にも有効であると認められるようになりました。また、ニコチンが含まれないものを使用することで結果的に禁煙することができるとも言われています。

従来のタバコと同様にマナーを守って使うこと

最近とても人気があり、入手困難とも言われていますが、使用するにあたって注意点があります。それは、通常のタバコと同様に喫煙可能なスペースで使用することです。タバコと違って周りの人への影響は少ないと言われていますが、見た目はタバコと同様です。マナーを守って使用することが大切です。においも少ないと言われますが、独特なにおいがあるのも事実です。地域によっては路上での喫煙を認めているところもあります。その理由は火を使っていないためとしています。しかし、タバコと同じという考えから、規制をしていることもあります。そのエリアでの使用が認められているのかをしっかり確認することが大切です。従来のタバコとは違うという意識から、禁止エリアでの使用も問題ないというものではありません。

従来のタバコとは違い電子機器であるための注意

このタバコは、従来のタバコのような乾燥させた葉や液体などを電熱線で加熱することで水蒸気を発生させる仕組みです。電熱線を温めるために、充電をしておく必要があります。また、たくさん煙が出るようにするためには、たくさんのバッテリーを消耗させてしまいます。発売されている種類によって程度は違いますが、充電が切れてしまうと使うことができない為、注意が必要です。今後日本では、喫煙に関しての規制が強くなることで、電子タバコの需要が増えるでしょう。また、大手のタバコメーカーからも発売されており、現在でも品薄状態が続いています。当初は故障などの問題も多く、普及しませんでしたが新しく発売されているものは性能が良くなっているようです。しかし、あくまでも電子機器になりますので、故障の可能性はあるでしょう。