電子タバコと普通のタバコの違い

最近注目されている電子タバコです。一般的なタバコとは異なる点として購入できる店舗、タバコの構造、使用方法などを挙げられますが、一言でまとめるならスタイルが違うといえるでしょう。普通のタバコは、コンビニや自動販売機で購入できます。また数多くあるタバコ銘柄から1つ、ないしは複数を選び、タバコの先にライターやジッポなどで火をつけて味を楽しみます。また風味に関しては銘柄ごとに微妙に違うため、好みの銘柄を購入することが一般的になっており、1箱あたりに20本まで利用されていて、異なる風味を楽しむためには別の銘柄を購入することが一般的です。これらの特徴から銘柄ごとの風味が安定している、火をつける為の道具が必要である、吸い殻がでる、吸い殻を収納するために灰皿が必要になります。普通のタバコは、吸ったときに赤々となり煙が1本筋を立て空へ昇っていくそんなスタイルが特徴的です。

電子タバコ1本あれば様々な風味を楽しめる

普通のタバコとの違いは風味の多彩さにあるでしょう。銘柄ごとに異なる普通のタバコに対して、電子のものでは1本で多彩な風味を楽しめます。その理由が構造にあります。大きく分けてカートリッジ、アトマイザー、バッテリーの3つに分かれており、このアトマイザーにリキッドとよばれる液体状の風味を注入すれば、多彩な味わいを実現できます。例えば爽快な気分がひろがるレモンやオレンジと言った柑橘類、甘い気分に浸れるチョコレートやバニラ、すっと気分も落ち着くミント系、一息つけるときはコーヒーなど様々な風味があります。もちろん一般的なタバコの風味のあるリキッドや洋風タバコのリキッドなども販売されていますし、中には複数のリキッドを自分で調合することでオリジナルリキッドをカスタマイズする方もおられるほどです。1本で多彩なリキッドを味わえるし、吸い殻も出ない、それが普通のタバコと違うポイントといえるでしょう。

個性あるスタイルからエレガントなものまで多彩なスタイル

普通のタバコと異なる点が「見た目」です。一般的なタバコはフィルターのカラーが多少異なりますが、メーカーが違ってもほとんど同じといえます。それに対して電子タバコは素材からして異なります。金属製やガラス製といった普通のタバコではありえない素材をカートリッジやアトマイザー、バッテリーに採用しており、メカニカルであったり、スマートであったり、あるいはクールであったり、中にはエレガントを感じられるものまで、自分の好みに応じて自由に選べます。デザインも異なります。どこかの名探偵が使っているようなパイプスタイル、スラッとしたペンシルスタイル、角張ったバッテリーデザインをした無骨なスタイルなど、多彩なスタイルがあります。このように普通のタバコとの違いは多くありますが、タバコの楽しみ方のスタイルが最も異なるといえるかもしれません。